ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/08/21(日) 547 神前
東京には結構緑が多い。30年以上前、アルバイトで都内を車で走り回っていた頃にはそんな思いを持つ暇はなかった。昨日、神社で挙式があり、幹線道路から直ぐのところに蝉時雨が降り注ぐ緑豊かな森があることに、あらためて東京の奥深さを感じた。

厳かなものだった。控えの間から式場の本殿に向かう行列は神官の先導。笙(しょう)、篳篥(ひちりき)などの雅楽を奏でながらのもので、蝉時雨の森に雅楽という時代絵巻のようなえもいわれぬ光景でした。

新郎が幼い頃は、劇団に属し、母親から「ドラマに出るからねっ」との、連絡が入ると秋田でTVを食い入るように見たものだった。有名ドラマのチョイ役だったが、式での立ち居振る舞いは、全く千両役者。

そんなことを織り交ぜてなごませながら、乾杯の音頭は始まりました。

新郎新婦とも東京住まいで、身内が東北出身。
「東北人にとって今年は3・11を抜きにして語れない。
そんなときだからこそ、新たなカップルの誕生は本当にうれしい」

そして「がんばれ東北。がんばれ日本」とエールを送ったのでした。
司会者からは「力強いご発声をいただき、ありがとうございました」と
労われたのは、照れ臭かったが、晴れがましい気持ちになれた。

一昨日は大雨。多くの参列者が「天気でよかったね」と顔を見合わせていた。唐傘は、今日はいらないのでは? は野暮の骨頂。差し掛けられた陰影で、ことのほかご両人が美しかった。いつまでもお幸せに。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.