ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/09/06(火) 563 まぁ〜 まぁ〜か
投げっぱなしにしていたヒバの垣根を、チェーンソーで大胆に丈詰めしたのは昨年11月。

アフロヘアーのように野放図に伸びた枝は、狭い道路をますます狭く圧迫していたし、優に平屋の貸家の屋根を越していた。

果樹の手入れでよく見かけるアルミ製の8段脚立に乗っかっての、空中作業は、勢いでやったものの、傍目から見て相当危なっかしく見えただろう…… もうやりたくない……

そんなわけでシルバー人材センターのセミプロ職人さんにお願いした。
作業終了後の写真。「まぁ〜 まぁ〜か」と、いう感想です。

“職人”さんの腕前を「まぁ〜 まぁ〜か」と言っているのではありません。“職人”さんの腕前は、後先考えずにバチバチ切った枝を、屋根の線にそってきれいにそろえてくれたものだと、最大限の評価です。

「まぁ〜 まぁ〜 か」という部分は、ヒバの回復力。
丈詰めしたばかりのヒバは、幹だけが目立つスケスケ状態。垣根のレントゲン写真のようなものだった。乱暴狼藉によくぞ耐えて、
緑が密になったものだなぁ〜 という感想。

程度問題もあろうが、人が手を入れるということは、肥料を与えるようなものですか…… 勝手な思い込みですが。

まだまだ、きれいになる余地ありだと思っています。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.