ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2018/08/19 3101 逆転劇
2018/08/18 3100 農業系
2018/08/17 3099 目隠し
2018/08/16 3098 生存率
2018/08/15 3097 無理筋

直接移動: 20188 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/01/03(火) 682 酷雪
4日前、“解放軍”とまで褒めあげた除雪車。昨日は、“反乱軍”かと思える狼藉ぶり…… 時計回りに左上から2日15:28、同15:41、同16:40、同16:43。

コルトで外出する際、近くに除雪車。帰るころには家の前も
きれいに…… との思いは完全に打ち砕かれた。

除雪たるや、小型の除雪車のブレードの幅だけを左右に雪を押し分けてあるだけ。両端は雪壁。極端にいえば単線のレール状態。追い越しはできないは、対向車がくればにっちもさっちもいかない。

ガレージへも壁が邪魔。まずは、怒りで打ち震える手で作業でした。

その後、除雪車再登場。6m道路らしくなったのはいいが、今度は玄関先にかまくら大の雪山。たまらずオペレーターに排除をお願いした。

除雪車が入ることの受益と、チョッとした行き違いも浮き彫りになった1時間15分。そして夕闇が迫るころ、すべて結果オーライ!!

私たちが、腹を立てたのは作業途中の一断面に過ぎず、
オペレーターさんに「ごめんなさい」。そして「お世話になります」。
冒頭の“反乱軍”は、お詫びして撤回いたします。

雪国の常として除雪車への市民の協力は欠かせない。
おのずと大所、力技部分との役割分担はある。
老骨に鞭打つ酷雪が続くようです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.