ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年10月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/10/27(土) 980 狂い咲き
秋田空港近くのゴルフ場は、この時期、霧に覆われることが多い。雄物川の水温と空気の温度差のよって早朝に生ずる川霧なのだが、飛行機の離発着に影響を及ぼすことも多い。

こちとらは命を預かっているわけでもない。気楽なもの。10m先も見えなければ危険この上ないが、気温が上がれば晴れる霧。移ろいを眺めているのも一興。

霧に覆われて森閑としている木立の上に、薄ぼんやり太陽の輪郭など浮かんでくると、幻想的でしばし見とれたり…… ぼやっとして、ショットをせかされたりして。

ゴルフ場は、自然の林や木立をコースレイアウトに取り入れている。自然の起伏を生かしたフェアウエーの緑、白く見えるグリーンのコントラストなど、よく手入れされた人為的な部分と、自然が微妙にマッチして、一つの機能美を作り出している。

そこに身を置くというか、自然に身を委ねるというのがゴルファーの醍醐味なのだ。
至らない私なぞには、自然が牙を剥いてくる、ということが多過ぎて……

コースの移動中に、花をつけているサツキを数多く見かけた。ほかの紅葉と不思議なコントラスト。夏の酷暑の影響なのか…… 1本のサツキだけなら狂い咲きといえても、こんなに多くでは…… そんな会話の楽しみも……
スコアは最悪に近かったが、3位入賞。これも狂い咲きでしょうか……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.