ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年2月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/02/13(月) 723 あと10回
週刊「Honda CB750FOUR」も75週となり、完成まであと10回ほどに迫って来た。それでも、もう2カ月はかかる。

震える手で第1週の梱包を開けたのは約1年半前。足掛け3年に。

第1週は、巨大な燃料タンクにロゴ・マークを左右につける作業。長丁場を乗り切ってほしいと願う出版側の意図が読み取れるような、鮮やかなレッドに塗装された金属製部品に大満足。まんまと乗せられ、そして充実した完成の瞬間を待ちわびた。

先ごろはギミックの確認作業があり、ウインカーの点滅、フロントライトの上向き・下向き、セルモータースイッチによるエンジンの始動音をテストした。極め付きはキックスターターでのエンジンの始動音は、セルモーターの始動音と異なることに感激した。

同業者の新年会では、しばしナナハン談義。70回も回を重ねてうまく作動しなかったらどうしよう…… そんな思いでスイッチを操作した緊張。そして安堵。二人は、疾っていた頃に戻っていました。

結構値段も張る。「どうでもいいのよ」と、連れ合いは消極的な賛成。作業の間はおとなしいから、大目に見ているという構図か。

でもここにきて、完成の日が来るのが、なぜか惜しい…… 小説の結末に近づくと、なぜか読み進むのが怖くもあり、もったいないような……

微妙な感覚に襲われている。この心理って、一体何なのだろう……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.