ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年5月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/05/31(木) 831 おとな食い
昨夕、3月15日の「幸せこまち」に登場した大潟村の母娘が、ひょっこり顔を出してくれた。市内の高校入学を機に、独立したいというお嬢さんのため、食事つきアパートを紹介したのだったが、直前に破談。

貸主側の事情だったにしろ、わだかまりもなくにこやかに入ってこられて、ホッとするやら、嬉しいやら… 新調した夏服を受け取った後、「寄ってみようか… 」と…

お母さんは「制服も板についてきた」と目を細め、お嬢さんは茶道部に入り薙刀にも興味。6時半には家を出てバス、列車を乗り継ぎ学園生活を謳歌している。

「天候に恵まれ田植えは順調に終わりました」。彼女は福島の被災地の出身。田植え時期は被災地から親類が手伝いに駆け付けた。彼らは、被災地に戻れたとしても、農業はしないと言っているらしい。父祖伝来の土地を目前にしながら農業ができない苦しみは深い。いつも明るい彼女が、唯一顔を曇らせた。

日食の際は、自分の影がいつもと違う神秘的なものに見えたそうだ。太陽、土、水を身近に感じつつ農業を営む彼女にとって、荘厳な瞬間だったはず……

新入学のお嬢ちゃんは「こども騙し」のお菓子をおとな食い。
彼女は8条植えの田植え機を120m×100mの圃場で器用に乗りこなすそうだ。聞くと「簡単」と、こともなげ。一瞬、おとなの表情を見せた。頑張れよ!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.