ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/06/11(月) 842 夏は来ぬ
昨日は、午前中の最終ホールに大粒の雨。空を見上げるとそんなに雨を持っているような厚い雲が見えない。単なる驟雨……

それにしても、天気予報には裏切られた。12時前後からは、傘マークがなかった。まあ、ミスショットやらで熱くなった体を冷やす心地よいシャワーだ。

後半の3ホールまでは傘が手放せなかった。雨が上がり、すきとおるような青空が広がると、季節が変わっていた。“夏は来ぬ”でした。

秋田湾を望むと、真山、本山、寒風山が夏の海の上に墨絵のように、緑というよりは墨の濃淡で描かれているように見えた。驟雨で空気中のチリなどが取り払われ、クリーンな空気を通してみる景色は、いつもより近くに見えた。

そのカットも抜かりなくケータイカメラに収めたのだった。

帰り際、ふと眼をやった鳥海山の素晴らしいこと……
筆で掃いたような雪渓の白と、他の濃淡が鮮やか。この時期ならではの
モノトーンの世界。いつもより、すそ野が広く見え、雄大な姿に圧倒された。

裏切られたような天気だったが、チリを払ってくれた驟雨の後の光景は、
まさにマジック。野に抱かれて遊ぶ醍醐味ですね。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.