ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/06/15(金) 846 ソテー
W杯の夜、赤ワインのイエローテール、それにお手頃値段というよりは、激安のオージービーフでオーストラリアを呑んで、食ってやろうと、テンションが上がり始めた瞬間、玄関チャイムが鳴った。

今春から、隣の畑で農作業を始めたご夫婦の奥さんが、
採れたてのチンゲンサイとホウレンソウを持っていらしたのだ。

毎朝、陽を受けってグングンというか、すさまじい成長力を見せる野菜の緑に、パワーを頂いている身。それ以上、望むものはないとは、きれいごとで、お味も堪能できればというのは人情でしょうか……

“お裾分け”大歓迎です。本来のお裾わけの意味は、貰った物の一部をさらに分けることを言うので、太陽からの“お裾分け”みたいなものでしょうか……

だからと言って彼らの役割をないがしろにする気はさらさらない。朝夕となく、畑に来ては細やかな手入れをしている。チンゲンサイ、ホウレンソウの瑞々しい光沢は、店先の野菜とは比べ物にならない。間違いなく彼らが生み出したのです。

オージービーフの付け合わせには間に合いませんでしたが、ホウレンソウはバターでソテーに、チンゲンサイは翌日、茹でてカレイの煮つけに添えました。
いずれもしゃきしゃき歯ごたえが良く、美味でした。ご馳走さまです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.