ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/06/06(水) 837 これでいいのだろうか
隣の畑の作業暦には、雪解け後の石灰撒きがある。毎年秋には畑の緑はほぼ姿を消し、積雪期に畑を休ませる。そして、春を迎えて土に活力を与える。

石灰を初めて購入して袋に書かれている効能を読むと、酸性土壌の中和、地力回復とある。ダイコン、キュウリ、ハクサイ、ジャガイモ、エンドウマメなどを実らせるのには欠かせない作業だったのだ。

洋芝はエバーグリーンなので、野菜のように収穫期が終われば土に戻すというチャンスはない。そんなこんなで、石灰を撒く機会もなかった。洋芝が転じて雑草畑と化したところでは、酸性土壌の中和、地力回復の好機ともいえる。

雑草を抜き、土を反転させて石灰を撒いた。5〜6年前に買ったまま一度も使ったことのない酸度計をパッケージごと土に挿した。あくまでもイメージ。

酸度を正確に測定するためには、40リットル程の水を撒き、30分ほど放置したのちに測定してください、とある。

いつも目分量、勘頼りなので、面倒なことは避けたい。測定のため酸度計がお出ましになることはありそうにないにしても、重い腰が上がり、行動しつつある。

きょうは曇り空。日食グラスは、今現在出番がありません。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.