ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/06/07(木) 838 お預けということは……
昨日の午前8時46分。通勤途上の山王十字路。赤信号で止まった。
雲に濃淡があり、太陽が薄い雲越しに見えそうな、見えなそうな…… 
「雲が切れたら」と、期待を膨らませた。

今朝の朝刊に秋田市上北手で6日9時38分撮影の写真。キャプションに“雲間からうっすらと現れた太陽の左側に黒点のような金星が確認された”とある。

私がシャッターを切った52分後には、嬉しくも目出度くも「金星の太陽面通過」を現認した幸運な方々がいらっしゃったのだ。そして記録も……

日食グラスは手放さなかった。9時半前後に、会社前で薄い雲をすかして丸く見えるおぼろげな太陽に日食グラスを向けた。でも輪郭すら捉えれなかった。

通勤途中の見知らぬ若い女性が、「TVで見てきました」などと、にこにこと話かけてくれるのは、“世紀の天体ショー”への興味や、共通認識があるから。

きょう晴れたからといって街中で日食グラスを太陽に向けたら、ほとんどアホです。私は一度も日食グラスで太陽を捉えていない。いずれ、こっそりと……

本来の機能発揮はお預けです。さて、次なる天体ショーは……
金星の太陽面通過は今世紀中にはないというし…… 天気のアホ!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.