ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年10月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/10/13(日) 1331 釜揚げうどん
10月中旬だというのに、新潟や東京では真夏日で茹だっているそうだ。
昨日はお江戸で観測史上最も遅い真夏日。

TVでは商戦にも影響が出ているとか。東京下町のスーパーでは10月に入って“石焼芋製造機”を店頭に置いてホクホクの焼芋を売り出したそうだが、お客は「あら、いいにおいね」と、言ったきりで買うそぶりも見せなかったとか。

そして鍋物の準主役のハクサイ、ナガネギも売れ行きはさっぱり。おでん種も不振を極めているそうだ。「やっぱり20℃を切るぐらいにならないと…… 」と、主婦の数値に裏打ちされたコメントが秀逸でした。

冷製のうどんも美味しい。あつあつを食べたいと思うのもやはり20℃が目安か。

東京に比べれば、夏がぶり返したような暑さは去り、太陽が照っても暑からず。

讃岐うどんを釜揚げで食べました。パソコンのトップページが湯気で潤んでいる。
湯気が食欲をそそる季節の到来です。シンプルにかき揚げを添えて。

もっと寒い季節。地元のゴルフ場で食った釜揚げうどんのつけ汁には秋田名物・キリタンポが2,3切れ。意表を突かれました。
それは主食に主食を重ねる“ドカタ食い”ではないのかと……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.