ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年11月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/11/01(金) 1350 額縁ショー
ある舞台ショーの草創期は、額縁ショーであったそうな。過激だとされる今に比べれば、まったりと優雅。形式美を誇る日本古来の芸能を彷彿とさせるような。

額縁ショーの主役は成熟した女性。我が家の書斎の窓枠で囲まれた空間で演じるのは樹木。両者ともハラリ、ハラリと脱ぎ捨てて裸に。同じような風情が……

毎朝、書斎で筋トレを行う。その際見上げる窓枠で切り取られた狭い空間でも、当たり前のように季節と共に装いを替えてショーが続く。

今はろうそくが消える直前に燃え盛る感じ。鮮やかに色づき落葉を待つばかり。

そして、葉が落ちて裸ん坊になると空が広くなる。小屋の屋根に白いものが降っては解け、そして、どんどん空を侵食しはじめ、ついには空を塞ぐ。

そして長い幕間を迎える。それが何とも長い。

きょうから11月。昨日、来社した先輩と「月日の過ぎるのは早ぇえなぁ〜」
そして真顔で「今年は何をしたんだろう!?」

樹木は長い幕間に新しい葉を黙々と準備する。来るべき春には新芽を……
私らもそうありたいものだ、と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.