ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年12月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/12/10(火) 1389 戯れに……
戯れに、カーポート脇のドウダンツツジにも今年初めて雪吊りを施しました。
昨冬の大雪で、天井から落ちる雪だけでなく、屋根雪の攻撃も受けたものだから、樹勢がかなり阻害されたようです。

ペチャンコに押しつぶされ、春先はサザエさんの父親の波平さんのようないびつな髪型に。繁ってからは何とか威厳を回復したが、ボリューム感はいまいちでした。

その反省を踏まえての雪吊りです。感想は……

たはむれに母を背負いて そのあまり軽きに泣きて 三歩あゆまず

ドウダンツツジは雪吊り常連のオンコと同じ16年前に植えた。
当初、ビーチボール大だったオンコは、先だって作業した際はラグビーのタックルよろしく肩で押し込みつつ、両手で抱えようにも手が届かないぐらいに育っていた。

それにひきかえドウダンツツジは…… 同じ歳月でこんなにも違うものかと。

ごつごつした枝を伸ばして古木然としているが、冬芽のついた枝の華奢なこと。
鉢巻きの縄を引き締めると、あまりに抵抗がなく萎んでしまって愕然と……

それだけに、昨シーズンのダメージは大きかったんだろうと。啄木の心境に……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.