ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年12月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/12/21(土) 1400 チャンスセンター
猫の足跡で人気のチャンスセンターです。20日はジャンボ宝くじの販売最終日。引きも切らず行列ができていた(ずーっと見張ってられないので、たぶん)。

行列はスーパーの入り口にかかるため、係員のオネエサンが交通整理するほど。
尋ねると「販売初日と最終日は酷く混み合う」とのこと。やり取りを聞いていた列のオバチャンからはすかさず「残り物に福が」と合いの手が。

欲の皮の突っ張った、というか、年末の全国的な恒例イベントに意欲的に参加しようという善男善女が集っているようです。

このチャンスセンター。建設時に生乾きのモルタルに猫が歩いて足跡をつけた。
そのまま残したところ、高額当選者が続出するようになり、今は県外からお客を集めるほどの人気店になったのだそうだ。

現在、その足跡は切り取られてモニュメントとして店舗前にある。幸運のお裾分けにあやかろうと、購入した宝くじを撫でつける姿が…… もちろん私も……

高額とうせん金は魅力。その分リターンが少ないのは了解事項とはいえ、歳末助け合いなどを声高らかに謳ってくれれば、もっと充実感が味わえそうですが……

1400回目。節目のタイトルにチャンスを書き込めたので、まずはラッキー。

2013/12/20(金) 1399 引き継ぎ準備
12月に入ったと思ったら、あっと言う間に20日を迎えた。
最近は時間の進み方が加速度的で、制御不能という感じです。

会社は9月決算で、法人税の納期は11月末。先月は会社経理で忙殺され。

12月に入ると年末調整のための書類調整、源泉徴収票などの調書提出、給与支払報告書の作成などこまごまとした作業が……

もはや仕事に当てられるのは来週の4日を残すのみ。
そうなると、税務関係の処理は前倒しで終了してないと…… 

例年だとぎりぎりまで慌てふためいて書類作りをしていたものですが、時間の速度には抵抗の術もない私ですので、先立ちやらないとこなせないと頭を切り替え。

何とか作業は昨日までに終えることができて一安堵です。来週、動きが出そうな商談にもフリーハンドで臨めるという態勢も築くことができました。

会計処理などは会社設立から4回目となる訳で、かなり手慣れた部分も……

店の飾に来年の干支の午が登場です。陶芸が趣味の女房の初期の作品。
伝統工芸品で金運を招くという巳と比べるべくもないですが……

2013/12/19(木) 1398 冬晴れ
一点の雲もない快晴。予想最高気温は7℃と高めなので、肌を刺す凛とした寒さがないのが残念でもある。透明感がある冬の晴れ間には違いない。うっとうしい鉛色の空の割れ目が広がって、雲を追いやった感じで非常に清々しい。

下り坂とか…… 焦がれた晴天でも、長続きしないのもこの季節の特徴か……

13日の大雪もこの通り。屋根を覆い尽くしていた厚い雪もかなり減った。
屋根を塗り直したばかりなので熱吸収や滑りの効果があったのだろうか……

家の前の道は路肩を除いてほとんど消えた。
こんな光景からも根雪になれなかったのが明らかか、と……

この行きつ戻りつの繰り返しが続くある時を境に、後に戻れない状況に至る。
それが、みんなが納得の根雪ということでしょう。

こんな天気に恵まれれば「さー スキーだ」と心が弾んだのは、もはやかなり昔。
スキーを楽しむより、ゆったりと秘湯をメインのスキーツアーに軟弱化したのだが、
それさえ今では億劫に……

ゴルフダメ、スキーダメ、連休はどう過ごそう…… 
なんやかんや冬支度に追われそうです。

2013/12/18(水) 1397 ローダー出動
先週の13日の大雪。女房は早々とボルボでの出勤は諦めバスに切り替えた。北欧の車で冬に強いはずだが車自体重く、低い。せめて四駆であれば……

私が使うコルトは4駆。多少の雪はなんなく走破できる。その日は会社の駐車場にはなんとか入れると思ったが…… 着くとローダーが除雪の最中でした。

駐車場の雪は契約者が処理する。ここ数年はオーナーが好意でローダーを入れてくれる。それも根雪になり、にっちもさっちもいかなくなってからでしたが……

一発芸の大雪でローダー登場。雪に慣れた私たちにしても度肝を抜かれました。

さて、大雪から5日ほど経ちました。さて、その雪が根雪になったかどうか……

根雪の定義!? あるのかどうかはわかりませんが、雪国の人々にはそれぞれの経験に裏打ちされた思いがあるのでは……

自宅前の道路が圧雪され、暖気がきても地べたが露出せず、春を迎えるまで真っ白なまま…… モータリーゼーションがあまり発達していなかった幼い頃は、除雪も大してなされず排ガスで汚れることもなく真っ白なままで春を迎えたものです。

根雪の概念に変遷があったとしても「根雪には程遠い」 まだまだ……

2013/12/17(火) 1396 真っ盛り
忘年会が真っ盛り。11月30日を皮切りに、12月26日まで連日……
連日はウソですが、だいたい週2回ペースでしょうか。

母体が異業種交流会だったり、元会社連中とは元同僚、同じ年代、腐れ縁だったりの各種、それに母校関係や社会人になってからのお付合いが加わって。

従って忘年会メンバーはほぼ固定されていて、昨夜などは、年に少なくて1回ないし2回が恒例。元の会社で長い間顔をつきあわせてきた者同士。頭の片隅に血気盛んなころの顔と照らし合わせつつ……

お互いの経年変化なども観察できる訳で…… それはお互い様。

これは皮切りの11月30日の宴会料理。飲むに従って、お刺身、揚げ物、煮物、止めのソバまで。飲むに従って話は弾んで……

いずれも平均年齢はおのずと知れる訳で…… 近況、参加できなかった人の安否、それに付随して共通の知人の消息など、滞りなく議事は進行していきます。
酔いが回るに連れてイレギュラーな話題で笑い合ったり、少しとっちめ合ったり。

締めは決まって健康談議。料理の献立に怯むことなく完食できるのは、健康というベースがあってのことだな、と感謝するのです。

2013/12/16(月) 1395 週明け
ここ数日、天気予報は雪だるまマーク。ドカッと降る日もあれば、あっさりの日も。
目覚めるとすぐカーテンをシャーッと開けて、積雪具合を……

ああ、今日は辛い一日になりそうだ、とか、今日は楽勝だとか…… 
一喜一憂の日々です。

週明けが一番憂鬱か。
土曜夜から日曜日にかけての降り方にもよるとはいっても、丸1日半も降るがままに任せている会社の前の積雪が、どんな具合か。非常に気になります。

今朝、会社に来てみるとこんな状況です。それほどでもないな、と。でも、踏み固められてシャーベット状になった雪、それに除雪車が通った後の塊の処理をしなければならず、靴を履き替え、作業用の上着を羽織って……

小一時間は雪との格闘です。雪もこれからが本番。雪との戦いの幕は切って落とされたばかり。今から泣きごとは言ってはいられない。

「秋田の雪を舐めているかもしれない」と、ブログで書いた隣の新店舗の女性オーナーが先日の大雪の際、雪かきの作法を尋ねてきました。少し慌てたようです。

いずれ体力勝負になる訳で…… 若いので乗り切るのは簡単かと…… 

2013/12/15(日) 1394 傾いちゃって
マンションのLPガスおよび灯油のタンクです。2003年2月の完工です。
灯油タンクが傾いている。満10年で危険な状況はとちと早過ぎる感じが……

ボックスの中に円筒型タンクが横置きされているが、右の壁に傾いて接触している。本来は日の丸のように、中央にタンクが位置しなければならないのです。

撮影は11月6日。灯油は各戸の暖房用に配管してあり、駐車場の融雪装置の燃料でもある。冬も間近、供給に問題が生ずればまずい、と言うより、今ある危険を除去しないと。灯油漏れ、最悪の事態の引火などが頭をよぎる……

交換するまでは、生きた心地が……  現在は無事工事が終わっています。

昔見たマンガで“7年殺し”の秘技があるのだとか。対象に打撃を加えても、効果が7年後に出現し、原因不明として処理されることになるという必殺技だ。

タンクにも“10年殺し”の秘技が施されていたのではないかと勘繰りたい気に。
実はこのタンク置き場には目隠しドアがあったのだが、数年前には壊れて……

10年というサイクルで外装やタンクの脚が錆つくなど、外置きの設備としては余りにも寿命が短い。つい“○○年殺し”などと、有らぬことを考えてしまう。
日本のモノヅクリの信頼が揺らぐのでは!? と思わざるを得ないのです。

2013/12/14(土) 1393 掘り出す感じ
一発芸で大雪に沈んだ昨朝、会社はこの通りで、入口を掘り出す感じでした。

会社の並びの割烹では、コータロー、ユータロー君のママが黙々と雪寄せを……
道を隔てたうどん店では、調理場の男性やフロアの女性たちが除雪機を動員して、昼食時に間に合わせようと雪寄せに励んでいた。

お向の宗教施設の男性職員も一人黙々と。「いきなり来ましたね」 うんざりという気持ちと、これからちょくちょく顔を合わせますねと、挨拶の笑みを交わしました。

今年1,2月の酷寒時にありふれた光景が今まさに…… 既視感が……

それとともに、「もう何回こんな苦行を繰り返せば春を迎えることができるのか」
などと雪ハネを振るいながら思ったことが頭をよぎる。
「いきなり来ましたね」には、「来なくていいいのに」の思いが満載でした。

昨日は高校時代の友人との忘年会、28日ごとのかかりつけ医の診察日。どこでも話題はこの大雪。今冬のトピックとなる大雪になるのは間違いないようです。

根雪になるかどうかについては、願望が勝っているのかもしれないが圧倒的に否定論が。湿り雪なことと、寒気がそれほど強烈でないことなどが理由でした。
雪国に暮らす者の肌感覚、経験値でしょう。願望でないことを祈るばかりです。

2013/12/13(金) 1392 沈んだ
昨朝の雪などは、所詮ミルクかき氷のようなもの。一雨でさっさと消える雪。

今朝の雪はというと、一晩中音も立てずに降り積もったのだろう。目覚めると40センチほど。昨日はそれでも雪らしい雪と書いたが、今朝の雪は……

浮かんだ言葉は「沈んだな」。冬の底に沈むというか、水底に沈むというか……

もう晴れ間は望むべくもなく、天井を鉛色の空に覆われ、降る雪を恨みつつ、毎日道をつけるため雪かきをする。抑えつけられたような感じでしょうか。

たぶん今朝の雪は「あの12月13日(金)の雪はすごかった」と、今シーズンの冬を振り返る際に、一番に思い出されるトピック的な大雪かと。

トピックとしては二様の考え方が…… 「あの大雪でも根雪にならなかったね」
もう一つは「一発芸だったね。あの日を境に根雪になったものな」 さてどちらに。

会社前の雪寄せでひと汗かいたところに秋田カントリー倶楽部から電話が。「雪のため予約頂いた15日はクローズです」 続けて「雪が消えれば再開します」

お馴染みの声の主は、言外で「もう無理でしょう」 同じ秋田育ち。当然分かり合える。いったん雪が解けたにしたって…… 止めを刺された感じです。

2013/12/12(木) 1391 除雪初出動
目覚めると雪景色。気温は零下ではないので、湿り雪。がふんわり積もっているというよりは見た目は、かなり極端ではあるがミルクかき氷のような……

先月末の雪は、外縁部から市街地の中心部に車を進めるに従って影が薄くなったものだが……

今シーズン初の雪らしい雪でしょうか。

除雪道具が初出動です。雪はほぼシャーベット状。スノーラッセルで押そうにも重すぎて、足が滑って前に進まない。ひとかきする雪の量を減らすため、スノーラッセルを浮かせて押し込まないと…… 厳寒時にはとてもあり得ない状況です。

隣の新店舗のオーナーの女性は、雪国初体験だそうだ。備えは十分だろうか。
ブログでは「雪を舐めているかもしれない」などと書いていたが……

「道具は準備した」と話していたそうだが、雪は色んな表情を見せる訳で……

今朝の重量感あるシャーベット状の雪はあくまでも例外。こんなもんかと思われたら、今後の本格的な雪について誤った予断を与えることになりはしないか、と。

老婆心ならぬ老爺心を抱いております。

12月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.