ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年5月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/05/01(水) 1166 品書
山ガールから確か3回目のお裾分け。1回目はバッケ。2回目はアザミ……

バッケと野生のクレソンを頂いたのは3月中旬。山には雪が多く、懐に深く入り込まないで採ってきたのだろうか…… 長年の経験と勘が物を言うのでしょう。

アザミを味噌汁に放したのは4月初旬。父の法要の朝、兄夫婦と懐かしい味を。

ここら辺りまでが洋食のフルコースでいえば、オードブルか。苦味が強く、強烈に春をアピールする。それを嗅覚や味覚で味わえば、ひとまず十分といった感じか。
それを平らげればインターバルがあって、副菜が何皿、主菜と進んでいく……

次のお皿には何が、という期待感が、洋食のフルコースと同じように思えるのだ。

そのインターバルというのは季節の少しずつの移ろい。雪が家の周りから山裾まで進んでいく中でアザミが顔を出し、もっと深くに及んで初めて本格的な山菜の時季を迎える。その移ろいが、期待感となっておいしさを増幅してくれる。

これからは、単品でも立派に綱を張れる主役の登場だ。まずはアイコ。味噌押しで頂いた。少し固めで歯切れは最高でした。自家栽培のシイタケは塩焼きで。

居ながらにして移ろいを…… お品書はなくおまかせで…… 感謝、感謝です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.