ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年1月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/01/01(水) 1411 風呂桶変えました
…… めでたくもあり めでたくもなし
明けましておめでとうございます。冒頭は一休さんの詠んだ歌の後半部分です。前半は“門松や冥土の旅の一里塚”で、シニカルな趣がありますが……

めでたさはほどほどにしても、昨日から今朝にかけての“あらたまった感”は、一体どこから来るのかと。大晦日恒例の紅白を見て、突然、荘厳な雰囲気に変わる「ゆく年くる年」の冒頭シーンを見るともなく見て……

「除夜の鐘は聴こえるかな」と何年来同じ会話で就寝。年が明けてお屠蘇を頂き雑煮を食べる。ここ十数年、何ら変わることがない。変哲ない正月です。

でも昨日と、今日の気持の“あらたまった感”は凄まじい。
昨日までは、これから本格化する冬に沈鬱だったのに、今朝は、萌える春を迎える気持に切り替わっているのだから凄い。まるで分水嶺。それが様々に……

これまで培われた習俗、習慣、私たちの身に染み込んださまざまなものがそんな気持ちにさせるのでしょうが……

我が家では風呂桶と腰かけを新調しました。毎日使っているごく当たり前の物でも、正月を期して変えてみると明らかに輝きが違うような気がしています。
この“あらたまった感”を失うことなく、今年1年を。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.