ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年1月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/01/07(火) 1417 締めの仕事
昨年12月30日午後4:01の自宅の8畳間の南側の寄せ植え。床の間付きの部屋からは和風の趣が良いと、オンコ、カクレミノ、アシビなどを植えた。

玄関先のオンコ、ドウダンツツジは12月13日の大雪の直前までに雪吊りを終えており滑り込みセーフ。なぜか一番の大物のオンコは置き去りにされていた。

いつも雪吊りは午後。終わるころには真っ暗。オンコは10本、ドウダンツツジは8本できりが良い。2日にわたり10本、8本と作業を終えると、気持が萎えてもう1本に手が伸びない。若ければ1本なんぞ、気合いでチョチョイのチョイだったのに。

ということで、30日にやる羽目に。で、この1本だけなので大サービスで吊る縄は合計10本。鉢巻きの縄は2段重ねにしてみました。1段だけでは枝がかなり野放図に出てしまうので、更に1本。かなりキュートに出来たと自負しています。

さて、石の影にある遮光気土偶。女房が陶芸教室で作成した。
アイロンがけの定位置から眺められる位置に“断りも無く”置いたもの。

ある夏の日、伸びた雑草を刈払機で薙ぎ倒すと、忽然と現れたこいつとしっかり目が合った。腰が抜けるほど驚いた。長年、ここには何もなかったのだから……

一部で提唱されている宇宙人を模したという説が、思いっきり頭をよぎった。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.