ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年4月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/04/28(月) 1528 桜日和
昨日の最高気温は21.3℃。平年より5℃ほど高い。
ここは秋田椿台カントリークラブのさくらコース。
コース名が示す通り随所にサクラの木が配置されている。

打ち下ろし4番ショートホール。
鬱蒼とした木々に囲まれグリーン手前は池。山岳コースならではのレイアウトでティーグラウンド脇にはサクラが配置されている。私はこのホールが大好きだ。

ゴルフは球を飛ばすスポーツで開かれた空間が必要。しかし、ここだけは手付かずの巨木が残されて、コースを取り囲んでいる。ティーングラウンドに立つと、今までとは異質な森閑とした空気に身が引き締まるのだ。

手前の池が、否が応でも緊張感を掻き立ててくれるのだけれど……

急激な気温の上昇に、標高の高いここのサクラもこれを先途と咲き誇っている。

南の本荘から駆け付けた同伴者の女性は、桜前線の北上ルートを辿って来た。
子吉川河畔のサクラをはじめ、桜名所をドライブがてら眺めてきたそうだ。
そしてさくらコースのサクラ……

スコアが良ければ周りの風景を愛でる余裕も生まれるというもの。
十分花見を堪能したようです。私たちも……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.