ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年6月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/06/02(月) 1563 石南花
石楠花とも。カタカナでいえばシャクナゲ。
大ぶりのピンクがかった紫が盛り。バランスを考えて植えられたであろう白が盛りを過ぎ、落花したり、少し見苦しい様を晒していたがそれなりのゴージャス感が。

「なんていう花なんだろうね」「葉っぱが大きくて南洋系にも見えるね」

グリーンキーパーに尋ねると、通りすがりの女性ゴルファーが「シャクナゲよ」と教えてくれた。キーパーによると自生していたシャクナゲを寄せ植えしたものだとか。

クラブハウスは西欧系の煉瓦造りを思わせる重厚な造り。先行する県内ゴルフ場との差別化を意識した洗練された外観、レイアウトは、流石としか…… 
ゴージャスなシャクナゲも一翼を。

2001〜02年に計5回。そして08年秋を最後にラウンドしていない。一般にゴルフ場は一番の高手にクラブハウスがあり、山を下り、最後は上って辿り着く。

疲れ果てた終盤になると徐々にラブハウスが大きく見えてくる。そのクラブハウスが美しければ美しいほど癒される。遠征先でそんな素敵なコースに何度か遭遇したが、それに引けを取らない。あらためて「県外のゴルフ場みたい」

でもフェアウエーは、自然の山の凹凸を敢えて残したようで、平坦地など本当に少ない。そんな意味では差別化は私たちにはかなり重荷。「リベンジしないと」


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.