ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年7月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/16 5229 外遊び
2024/06/15 5228 決定打
2024/06/14 5227 折る刃
2024/06/13 5226 地下茎
2024/06/12 5225 荒療治

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/07/09(水) 1600 お湿り
ここしばらくは梅雨とは名ばかり、爽やかな夏が続いた。今朝は時折雨。

秋田には北海道と同じように梅雨はないのではないか、と、思いたい私にとって夏真っ盛りを思わせたこのところの天気は大いに気を良くさせてくれた。

梅雨が有るか無いかの境界が津軽海峡にあるとするのは、かなり便宜的に過ぎると思うのは私だけか。

大型台風はあすにも九州上陸の恐れとか。

「台風が前線を刺激して大雨になる」とは、よく言われる。この雨は、台風が送風機となって暖かい湿った空気を送り込んだことによる雨なのか……

そんなことをぼんやり考えているが、進路に近いところではそれどころではない。
被害は無いに越したことはない。祈るばかりだ。

新川橋から秋田運河の上流を眺めている。中州は増水で小さくなっているがその縮んだスペースにたくさんの水鳥が羽を休めている。常に水辺にいる鳥にしても、恵みの雨なのか。なんとなく楽しげに遊んでいるようにも見える。

野菜を育てている畑のオーナーたち、洋芝を育てている私にとっても恵みの雨。
それ以上に悪さをしない雨であることを祈るばかりです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.