ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年9月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/11 3580 小走り
2019/12/10 3579 肩凝り
2019/12/09 3578 冬景色
2019/12/08 3577 絵日記
2019/12/07 3576 記録性

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/09/14(日) 1666 蔓の花
つい先ごろ、馬酔木に白い花が……
馬酔木の花は確か、スズランのような花で、房のように咲くはず……

一瞬、スズラン様の花が思いっきり開いた姿なのか、などと1週間ほど悩んだ。

今朝見ると花は馬酔木全体ではなく、枯れた枝に少し不自然に分布している。
元気な馬酔木は濃い緑の葉っぱを誇っている。

よくよく見ると蔓が馬酔木の枯れ枝に纏わりついている。
「なんだ、蔓性の植物の花か」 やっと納得です。

我が家にも蔓性植物が何種類か…… 
一番猛威を奮っているのが蔦。いわゆるアイビー。庭の西南、西北の角に据え付けたウッドパーテーションには全体を緑に覆う様に蔦が張り付くこともある。

でも、花の印象は薄いというか、意識したことはない。
そんなこともあって、蔓と花とが結びつかずに馬酔木の花と勘違いしたのか……

センニンソウらしい。実には白い毛があり仙人の白いひげに見立てたとか。有毒。

馬酔木も有毒。着生先としての相性はどうなんだろう…… 外敵を寄せ付けないという意味では最強のタッグかと。でも馬酔木の花もそうだが可憐ですね。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.