ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年9月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/19 3558 場違い
2019/11/18 3557 湯上り
2019/11/17 3556 繁殖力
2019/11/16 3555 多数決
2019/11/15 3554 序の口

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/09/30(火) 1682 一手間
秋晴れの畑を眺めた。春から見慣れた顔をしっかり覆う帽子をかぶった畑のオーナーが何やら作業をしている。

「○○さんがいるよ」と私。意図が分かって「2房でいいかな」と。

先日、平鹿地区のリンゴ農家に嫁いだ女房の従妹からブドウが届いたばかり。
お裾分けのお返しにと。

「自転車のかごに入れました」と女房が声を掛けるが、オーナーは補聴器を切っているのでなかなか気が付かない。肩を叩くぐらいに近づいて同じことを話す。
するといつもと同じ言葉が返ってくる。

「かえって迷惑かけて…… 」「そんなことないです。いつも美味しくて」
何と爽やかで気持ちのいいマンネリでしょうか。

オーナーは採ったばかりのミョウガとササギをその場で持たせてくれた。
「何か貰いにきたみたい」。これもマンネリ。
「ミョウガは花が咲き始めてそろそろ終わりだ」と。

写真を撮るためにミョウガにポーズをつけた。手に砂がいっぱいついた。いつも下さるミョウガには砂などはついてなく、切り口も揃っている。私たちに下さるために、いったん家に持ち帰り洗ったりして一手間をかけているのだ。有難いことです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.