ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年3月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2018/12/15 3219 防雪網
2018/12/14 3218 手解き
2018/12/13 3217 印度風
2018/12/12 3216 未調整
2018/12/11 3215 災害時

直接移動: 201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/03/28(土) 1861 認定証
今朝、公認不動産コンサルティングマスターの認定証書、カード式の認定証が簡易書留で届いた。

およそ認定資格などと言うものは、それだけで仕事が保証されるわけではなく、それに安住していれば単なる休眠資格に過ぎない。
いかに有効活用するかは、本人の意欲と営業努力にかかってくるわけで……

同時に4月1日から「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」と名称変更に伴う措置についての通知が宅建協会から届いた。主任者から士業への変更は、長年の懸案であったそうで、やっと昨年、法改正がなったとか。

不動産を扱う有用な資格が“者”じゃないだろうという、不満が、長年あって“士”への格上げになったとか。看板倒れと言われないように、士業として内実も格上げしなければならないのはもちろんだが……

このコンサルティングマスターなる資格は、法的資格に格上げする活動が続いている。まだ日の目を見ていない。

弁護士、税理士など、他の士業の専門業務との住み分けなど、極めて微妙な問題が伏在していて、士業からの抵抗が強いのだそうだ。

いずれ法的な資格になるのだろうか…… 気を引き締めて有効活用しないと。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.