ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年3月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/03/31(火) 1864 年度末
3月31日を迎えた。早くも年度末。ただただ月日の経つのは早いものだ、と。

先頃の日程通りにラウンドをこなした頃には、ミゾレ。あっという間に正月だ。
春の光を受けた畑を見て、こんなに連想が駆け巡るのは年のせいかな、と。

年度末の現役時代の忙しさを思い出す。忙しさの元凶というものに県・市町村職員、教員、警察官などの異動があった。

現役時代から「人事権者の発令に過ぎないものを、微に入り細にわたって紙面化しなければならないのか」と思っていた。それも麗々しく解説や本記つき。
「組織内部の話に過ぎないだろ!! 」

人より10年以上遅い入社。ふけ顔の新人記者だった。行政の取材では“何でこんなことも分からないの”と取材先をイライラさせたと思う。何でも理解してからという潔癖症のせいもあったろうし、それまでの社会人経験とのギャップが度々。

で、異動記事で本記や解説を書く記者というのは、どれだけ精緻な取材をしているのだろう、と彼我の違いに愕然としたものだった。

種明かしは程なく。独自取材などではなく、花形記者がレクチャーを受けて書いていたのだ。ふけ顔としてはそれもありかなと。でも、持ちつ持たれつというか……
膨大な異動情報が掲載されるのは地方紙だけ!!??  意味あるのかね。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.