ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年4月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/06 3788 待機中
2020/07/05 3787 置き配
2020/07/04 3786 駄洒落
2020/07/03 3785 低姿勢
2020/07/02 3784 削り節

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/04/05(日) 1869 お月見
福島では桜の名所の満開の桜越しに、東京ではスカイツリーをあしらって。
趣向を凝らしたアングルで皆既月食を撮影しようと準備していたようですが……

あいにくだったようです。我が家はいたって不精に、玄関先に出て天体ショーを。
お向かいさんもパパ、ママ、二人のお嬢ちゃん全員そろっての見物でした。

昨年の10月8日の夜もそうだったな、と。向こう三軒両隣とはよくいうが、向こう3軒はマイホームを建てた新住民。同じ年代のご夫婦に、お子さんが二人、二人、一人という構成で、全員がお嬢ちゃん。

我が家の玄関正面のお嬢ちゃんだけが小学生で、他の子はまだ小さい。で、天体ショーを楽しむには幼すぎるのか、顔を出すことはなかった。空に大円を描く花火と違うし、少しずつ欠けていく月を見ても、きっと退屈するだろうな、と。

これは午後7時20分、下が欠け始めた。
中空にぽっかりというよりも、何かが近くにあったほうがいいと思い、ポールに付いたBSアンテナを構図に入れた。青い光は街灯。オレンジは家の明かり。

昨年も皆既月食をケータイに収めたのだが、写真の出来としてはこれ以上でもこれ以下でもなかった。で今回、これを使ったのはただ単にネタ不足。

「写るんですか」と怪訝そうなパパだったが、会話の糸口にはなったか、と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.