ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年5月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/05/26(火) 1920 上出来
昨朝、水遣りに外に出ようとすると玄関先にレジ袋が……
手に取ると葉物とは違い、容積に比べどっしりと重い。さすれば……

包んだ新聞紙には「玉川の竹の子です」と、山ガールからのメッセージ。
早速、洋芝の上でで記念撮影をいたしました。

先頃頂戴した男鹿の竹の子は、彼女いわく「あまりで出来が良くない」とのことだった。そう言われれば、少しせぎすかな、というぐらいで初物をおいしく食べた。

今回の玉川の竹の子は最高の出来。この通りです。
ちょうど良い具合に育って、若々しい力強い太さ。皮も張りがあって、つやつや。内側に成長エネルギーを凝縮しているようだ。

根が曲がっているのは、傾斜地に芽を出し、太陽を求めて伸び上がった証拠。そうだとすればかなり足場や視界が悪いところでアクロバティックな姿勢で採ったということか。そのご苦労に本当に頭が下がります。

食するにも徒や疎かに出来ないな、と。山の神に捧げたお神酒と共に、皮付き竹の子の蒸し焼きを皮切りに、味噌煮、とどめは竹の子の味噌汁を堪能した。

洋芝は前日に刈り高をそろえ化粧直ししたばかり。
届けてくれた彼女は手入れされた洋芝の緑を楽しんでくれたでしょうか。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.