ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年6月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/06/15(月) 1940 世話役
何も予定のない日曜。朝から子ども達の歓声やら掛け声、太鼓の響き……

竿燈の囃子太鼓のように確立したリズム、相方との掛け合いなどがしっかりしていない様子。年配の女性が泥縄式で教え込もうとしているが、子どもは祭りの雰囲気にのめりこんで、アドバイスそっちのけ。暴走気味に撥を振るっている。

鹿島祭り。地域の子どもたちの健やかな成長を祈る子ども祭りだ。あくまでも子どもちゃんが主役。何ヶ所かの町内が山車を子どもたちが引いて練り歩く。

ここが分譲地として開発される前は、老人たちが多く済む市営住宅だったりしたので、鹿島祭りなど縁遠いと思っていた。目の前が宅地化され新しい住居が建つと様変わり。家と家の間から垣間見ることとなりました。

我が家の玄関前からの光景です。お向かいの2軒は若夫婦にそれぞれ二人ずつのお子様がいらっしゃる。朝夕、日祭日は日中一杯、お子さんたちの歓声が響くことになったのだ。界隈は、少子化など“どこの話”といった雰囲気なのだ。

この間から半纏姿の男性が飛び出して来た。顔を合わせると「すっかりはまっちゃって」と、祭りにどっぷり浸かっている。右の家の隣のパパで、子どもは祭りに参加するにはまだ小さい。将来の主役の世話役として白羽の矢が……

私達には無縁だったが、近所のパパ達が勇んで参加する光景は頼もしい限り。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.