ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年6月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/06/27(土) 1951 喪失感
何日かぶりに管理するマンションに……
一見して何かが違う。エッ  何かが足りない。何かがなくなっている。
一瞬、何事か理解できなかった。で、あるはずのものが無くなっている。

喪失感でした。全体として見渡せば、あるべきところにあるべきものがある。
でも、仔細に見ると…… シンボルツリーのツゲの枯れた幹や枝をばっさりと業者が落としたのでした。もちろん私が依頼したのですが……

ツゲは実家の庭の玄関脇の垣根近くに、ツゲ、オンコ、ウメなどと隣接して茂っていた。幼い時はくぐったりしたが、小学生にもなると寄せ付けないほど茂っていた。

ツゲはマンション建築のため、一時、岩手に疎開していたが、シンボルツリーとしてよみがえっていたのだ。株立ちのツゲ。完成後は3本の幹がレンズ雲のような葉っぱの茂みを支えていて、素晴らしい樹形を誇っていた。

老化か、あるいは疎開が響いたのか樹勢が衰えた。枝が枯れて落下することが度々。住人を直撃したりすれば大事だな、と思案していたところでした。

伐採には立ち会わなかったが、それで正解だったな、と。立会していたらここまで大手術する許可を出せなかったかも…… 喪失感に打ちのめされている。

残った1本や、切り詰めた幹から勢いよく出ている若枝に今後を託します。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.