ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年6月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/23 5236 野菜塩
2024/06/22 5235 再生力
2024/06/21 5234 打ち首
2024/06/20 5233 生り物
2024/06/19 5232 裏返し

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/06/28(日) 1952 笹巻き
先週のある日の会社での昼食。陶芸メンバーの手作りの笹巻きを食べた。

子どもの頃、我が家でも叔母さんやら姉たちも総出で作った光景を思い出す。
私も見よう見真似でやったことがある。笹の葉を円錐状にしてもち米を入れ、笹を折り込んでイグサで縛ろうとすると、一瞬、左手が疎かになってグシャッ。

左手、右手をバランスよく使えずに、結局は一つも作れなかったな、と。大人の女性の手業はすごいもんだな、と。そして煮上がった笹巻きが、鵜匠の手綱に鵜が結わえられたように吊り下げられたのを見て、「食うに限る」と思ったものだ。

その当時は結わえる紐はイグサ。前の日から水に浸けたりする前作業もあったな、と思いつつ、化成品になったのは「これも時代だな」と。

甘いきな粉をまぶす、しか食べ方がなかったのだし、普通の昼食ではなく、何かにかこつけたハレの食事だったのでしょう。

その当時は2個では腹が収まるはずはない。一体その頃は何個食ったんだろう。

大食いではなくなったにしろ、2個では足りない。不足分は女房手作りサンドで。

笹から移った香り、色は変わりようがない。作り手によって変わらない伝統の味。
これって素晴らしいことだな、と。おいしく頂きました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.