ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年7月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/07/02(木) 1956 入れ物
主役はラーメンではありません。入れ物です。

ラーメン鉢の標準は、白い地肌に描かれた朱色の唐草や、デザイン化された喜の模様が思い浮かぶ。連想を進めれば、細い縮れ麺で具材は昔風のナルト、チャーシュー、ホウレンソウなどがちまっと載った醤油味がベスト。

会社にもあるが、出番は少ない。浅くて容量が少ないというか。不潔という笑いネタで鉄壁の、ラーメンつゆに親指を突っ込んで平然とサービスする店員……

片手でお客のテーブルにサービスしようとすると、どうしてもこうならざるを得ない構造としか思えない。構造的欠陥ですね。

この鉢は女房の陶芸教室での作品です。ラーメン鉢専用ということもないですが、既製品のラーメン鉢より容量が多めなものを狙っているようです。

同じサイズでいえばぶっかけソバで何度かアップした鉢は、かなり初期の作品。
分厚く重量も相当なもの。ぶっかけでなくて、本当の汁ソバであれば持ち上がらないのではないかという、腱鞘炎が心配になるほどの代物。

今回はかなり薄く軽い。和のテーストなのでぶっかけソバにも合うし、ラーメンでも片手で楽々サービスが可能だ。別に唐草模様にこだわる必要はないし……
麺はマルチャン正麺。インスタントとは思えないコシ。和の鉢の中でいい味。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.