ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年9月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/14 5257 姉御肌
2024/07/13 5256 最新刊
2024/07/12 5255 隅切り
2024/07/11 5254 持ち駒
2024/07/10 5253 海鮮丼

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/09/28(月) 2042 赤蜻蛉
♪夕焼け小焼けの赤とんぼ 負われて見たのはいつの日か♪
スギナ取りの秋の陣。人懐こい赤とんぼが白い骸となったドウダンツツジに。
補虫網で追い回すガキンチョも少なくなって、安心しきって悠然としている。

♪負われて♪の意味について、「追われて」でなくおんぶされてのこと、と知ったのは口ずさむようになってからだいぶ後のような気がする。
実は、♪負われて♪が実体験になりそうだったことが……

母は戦前、教師をしていた。父の仕事の関係で満州の新京(長春)で暮らし、長男はそこで誕生している。戦後も数年経ち、社会も落ち着き始めて教員復帰の話が進んだ……

教員不足や女性の社会進出が進み始めたこともあったのだろう。
共働きの機運も、今の時代でいう保育環境が整ってなくて断念せざるを得ないということの先取りでもあったようです。

社会が様変わり。子守の供給源だった農家の娘さんも一人前の稼ぎ手として社会に組み込まれていく過渡期でもあった。約束していた娘さんも例外でなく。

母は教師を断念。姐やの背中越しに夕焼け小焼けを見る機会を失った。
自分を重ねて、おんぶされた幼い自分の目に、赤とんぼが映るのだろうか…… 
不思議な歌詞だな、と思うが…… まあ叙情歌だから。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.