ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年9月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/12 5225 荒療治
2024/06/11 5224 離発着
2024/06/10 5223 関節痛
2024/06/09 5222 胡月池
2024/06/08 5221 水曜日

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/09/06(日) 2021 もて期
若者の間で“もて期”という言葉があるらしい。
生きてきた中で、一番異性にもてた時期を差すらしい。

だれだって“もて期”はあるんだ、という前提であれば非常に傲慢な物言いだし、そもそも分類できるだけの起伏ってあるのか…… 振り返ってもそうだな、と。

ただ“燃え期”は何度かあったか、と。それは異性にではなく、ゴルフにですが……

さて、今朝は昨日の反省をふまえて、我が家の庭でアプローチの練習を……

10数年前、ブルーグラス系のフェアウエー、ベント芝のグリーンが見事だった頃、樅の木の前の小高い部分がグリーン。そこにカップを切り、ピンを立てていた。

その当時は、パッティング練習はしていたが、ターフを取るアプローチショットなどはもってのほか。丹精した洋芝を、傷めるなんてことは思いもよらなかった。

で、今はというとご覧の通り、一部洋芝に稲系の草が密生している。ターフを取ろうが、ダフって穴を開けようがお構いなし。少々強気でもノープロブレム。

何回目かの“燃え期”です。決して飽きっぽくない私でも濃淡はあった。今回のきっかけはネットで出合った理論。成果は確かにあり手ごたえはある。でもトータルでいえばまだ斑模様。その理論一色に染め上げるため正に“燃え期”です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.