ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年1月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/03/01 5122 忘れ物
2024/02/29 5121 目的地
2024/02/28 5120 宮古島
2024/02/27 5119 肩掛け
2024/02/26 5118 最新作

直接移動: 20243 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/01/16(土) 2148 古民家
実家にあった南部鉄瓶です。実家を取り壊した2001年に新屋の自宅に引き取ったか定かではないが、20年以上も実家と新屋で眠っていたかと……

使ってみようか、ということで、継ぎ目などに腐食があって水漏れが無いかどうか、水を張ってテストをしているところです。

ちょうど鉄瓶の影が水色に見えていますが、漏れた水ではありません。たまたま光のいたずらでしょうか、水色に写ったのが不思議といえば不思議です。

会社の反射式ストーブに乗せる2代目のヤカンを物色していた。スーパーのヤカンは安っぽい。かといって金物屋ではピンからキリまで。反射式にふさわしく、それでいてありきたりは嫌だ。センスが感じられるようなもの……

そんな選択眼は持ち合わせてはいない。選択を一方に押し付けて批評だけはしようという魂胆。お互い買いに行きたくない……

そこで思いついたのが南部鉄器の鉄瓶。確か家にあったはず。

築100年を越す商家の一角。古民家の風情を随所に見せて使っている、などは一切無い。でも一点豪華主義ではないが、一点古民家風もいいのかな、と。

何千円もする一方が気に入らないヤカンを買って「ダサッ」と言われるよりまし。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.