ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/12/30(金) 2502 香辛料
ポリープ切除の後、病理検査の結果が出るまで1週間の間があった。
切除前、切除後の個所をモニターで見せられていたので、そんなに心配はしなかった。病理検査も「念のため」といったニュアンスのように聞こえた。

素人目でも悪漢には見えないし、良性に間違いないという変な自信もありで、ホッとしたというか…… お腹の異物感でさっさと立ち去りたいと焦っていた。

止血のための点滴を受けつつ、「これをやられると、入院時代を思い出して気持ちが萎えるんだよな〜〜 」などと思いつつ、「それではアカン」と、持ち込んだ「相対性理論を楽しむ本」をベットに横たわりながら読んでいた。

切除から結果がでるまでは能天気だった。同じ経験をした男性は心配で心配で、眠れない夜を過ごした、と言っていたが、私は何の憂いもなく安眠していた。

むしろドックから検査までのぐずぐずしていた時間が、むしろ情緒不安定だった。

その間の社食です。消化のいい物、ということで鍋焼きうどんも食べました。いつもと違うのは香辛料を一切使わないこと。いつもは一味唐辛子をドバドバ、最近は一味に代えて豆板醤を入れたりして……

本来のうどんそのもの味、既製の出汁ではあるが、香辛料に邪魔されずに味わうことができた。  「ん!! 子どもの時の味じゃん!!」と妙に懐かしかった。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.