ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年2月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/02/26(金) 2195 煮付け
卒業式の翌朝、マグロで有名な三崎港に足を伸ばした。赤身、トロの正肉ばかりでなく、貴重な目ん玉、心臓などが売られているのも水揚げ港ならでは。

正肉には目をくれずマグロのカマとトロサバ、トロアジ、カマスの干物を購入した。

悠々自適の先輩はステーキが旨いと勧められて心臓を購入。心臓だけに“血の滴る”ステーキを所望するのは言葉とは裏腹、決して枯れていないという証か。

サバ、アジも有名ということに触発されてか、私のアパートでサバの煮付けを食べた、と語るお方が。埼玉で広告会社経営やスクールカウンセラーの先駆けになる仕事を終え、今は家業の農業を継いでいる。

「確か寿司屋の大将に誘われて、釣ってきたサバだったよな」 彼は妙に覚えている。寿司なんか食える身分でないのでとんかつ屋が正解。忘れられない思い出ではあるが、誰かにリンクして思い起こされようとは、本当にびっくりでした。

「BOSSの引っ越しに皆で行ったら、義理の妹さんがわき目も振らずに春巻きを作っていたな」と語る方も。それぞれの記憶の壷は違うんだな、と。彼は大手IT企業を退職後、大学に入り直し、ボランティアで美術館ガイドをしている。

皆が苦闘の時代。記憶が食に関わるのは止むを得ないことだったのか。
煮付けたサバは確か三浦半島沖の東京湾だった。何かの偶然か……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.