ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年4月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/04/13(水) 2242 旬の味
会社の近くにある秋田の旬の味を売る店。商品を陳列するだけのスーパーとは違い、売り手と対面販売なのが人気の秘密なのだと思う。

東京の北千住で、女房の従姉妹の旦那が経営するストアもそんな店。
惣菜から生鮮食料まで何でもござれ。従姉妹は息子夫婦たちや授業員とともに近隣の胃袋を支えている。

いたって庶民的なストアなので、旬の物などと気張ったところはないが、だれしもが旬と思えるポピュラーな食材はチェックを怠らないか、と。
その一つが春の孟宗竹の筍。

今年も送られてきました。どこ産? とか野暮なことは聞くまい。
女房のお礼の電話は、いつもお互いの家族の消息話で終わっている。
関西方面か、はたまた房総半島あたりか…… 妄想するのも楽しみかと。

買い物を済ませた夕方の到着。下ごしらえ用の糠は慌てて買いに走ったそうだ。

食卓には「孟宗竹の刺身」。下茹でしただけの柔らかい部分をわさび醤油で頂いた。すこし残るエグ味が竹の生命力の根源のようで、ありがたく味わいました。

たまたまスーパーで見つけたホンナが味噌押しで並んだ。
思わぬ山菜尽くし。春を当てにビールの旨いこと。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.