ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年4月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/04/28(木) 2257 識別眼
今朝も玄関先に山菜が届いた。女房「シドケが届いたよ。でももう一方がアイコかホンナか分からない」 私「シドケはこっちだよな」 女房「違う。逆だよ」

たわいのない会話だが、最近賑わしたニュースに、シドケと思って食べたのが猛毒のトリカブトで、中毒に症状が出た、というのがあった。

束になっていれば少なくとも女房はシドケの識別はつく。私はそれすら不可能。

山菜採りでも、うっかりすると間違えそうなシドケとトリカブト。お礼の電話先の山ガールは「間違えることはない。全然違うもの」と言っているようだ。「痺れたらすぐ電話するからね」と、女房は減らず口で冗談を。

1本1本を束ねるときに、いくらなんでも異種の混入には絶対気付くはずだよな、と。でも、すべてがトリカブトだったら…… などは考えないようにしよう……

毎年のように起こる中毒事件。素人さんの間違いか、ベテランさんの不注意か。
いずれにしても根絶できないのは“似ている”ことに原因があるわけで、採る人、選別する人、調理する人、食べる人の不断の注意が必要なのでしょう……

最近、シドケのお浸しを少々のマヨネーズを付けて食べるおいしさに気付いた。
山ガールは「マヨネーズ自体がおいしいからじゃない」とそっけない。
何でもマヨネーズ派のように思われてしまった。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.