ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年5月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/05/16(月) 2275 雨と俺
3月、全国紙で母親を悩ます“男子のナゾ”への向き合い方を教える本を紹介。当欄もさわりを紹介した。「小学男子(だんすぃ)のトリセツ」という単行本。

例で取り上げていたのは「雨とおりぇ(=俺)」。母親の基準では当然傘をさす勢いの雨。でもその男子は傘を手にしてさそうとしない。怪訝そうに「何で?」。

母親は説得を諦め「降ったら即傘させよ! 文明人なら!」と捨てゼリフ。

同じ強さの雨でも、これほど昔の女子(=母親)と男子の耐性が違うことを否応なく知らされて、男女の溝の大きさに愕然とする、というような……

山王交差点。近くの小学生が横断歩道を渡っている。前の男子の二人組みは傘は持っているがさしていない。後の女子二人組みは傘をしっかりさしている。

後の女子二人が「降ったら即傘させよ! 文明人なら!」と言ったかどうかは分からない。「ねぇ〜ねぇ〜どうして傘ささないの」ぐらいは言ったかも。
もっと母性を発揮して「傘さしなさいよ。風邪引くよ」とか。
まあ、男子の反応はあまり要領を得ないで「なんで」とか「えぇーっ」だろうか。

登場人物は将来の母親だとすれば、まさに「小学男子のトリセツ」の一場面。
笑いがこみ上げてきた。
「小学男子のトリセツ」は男子でなく、女子のトリセツだったりして。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.