ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/06/26(日) 2315 一工夫
衝動買いしたトートバッグ。底板を入れるための布製の袋を取り付けてもらった。
カッティングマットを入れたらサイズ的にひと回り小さい上、素材が柔らか過ぎた。

メロン1個入れたとする。メロンの丸みがそのままトバッグの底の形になってしまう。

メロンを入れたにしろ、横に膨らむのはいいが、底は泰然と平らであって欲しい。
で、廃材のベニヤ板をカッティングマットよりひと回り大きくカット。底板としました。

それでもまだ工夫が足りない。パソコンを収納して運搬中に、底板の端っこの方にパソコンがずれて、底板とバッグの間に落ち込むことはないか…… 

すなわち、パソコン本体の角が直接コンクリート床材にぶつかったりしないか、どうか。その不安の解消には、底板にパソコンのズレを防ぐ溝を掘ればいいのだ。

ベニヤ板なので溝は掘れない。
同じ効果を得るには底板に2本の棒をつければいい……

写真はダメだったカッティングマットと完成品の底板です。丸棒をノコギリで半分にして2本貼り付け、谷の部分には衝撃吸収のためスポンジも接着した。

パソコンもずれることはないでしょう。2本の棒は補強材にもなったので、超高級メロンを入れても底のゆがみで気取られることはないでしょう。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.