ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/06/20(月) 2309 様式美
昨日はマンションのスギナ取りに行ってきた。気温は30℃超えの真夏日。
隣家の陰になって直射は浴びなかったが、結構消耗した。

汗をかいてくたびれて、一風呂浴びて冷たいビールをあおって、様式美の極地でもある長寿番組の「笑点」を見て大笑いをする…… 何十年、ほとんど変わらない日曜の夕方。これも私にとっての様式美、かと。

実家の跡地に建てたマンション。実家の庭に点在していた庭石は、一時岩手に避難していたが、すべてマンション敷地内に戻った。

由緒ある石などはなく、ただのガラクタ石だろうが、建設業者さんは一つ残らず戻してくれて植栽の土留めなどにアレンジしてくれた。

中央のカーブを描く石は実家の玄関の右側にあった石。小さな頃は滑り台だといって小さなケツで滑ったものだ。そんな時代があったことが信じがたい。

実家はコの字形で、中庭の正面には腰掛けるのにちょうど良い平たい石や、上部を掘り込めば手水に格好の石もあった。そいつらもここに変らずにある。

今の写真は作業開始前の荒れ果てた様。スギナは伸び放題。
ツツジをはるかに超した背丈の草も我が物顔。そいつらを一網打尽に……
終了は4時45分。正味2時間半。一風呂浴びても笑点大切りに間に合う。

2016/06/19(日) 2308 束の間
晴れの日の日曜。ゴルフも入っていない。愚図つき模様の天気続く中、貴重な洗濯日和であり、あしたには崩れるという束の間の晴れ……

もう少し若ければ、ホームコースはもとより、めくらめっぽうゴルフ場に電話をかけまくり、むりっちゃりツーバッグでラウンドしたのかも。

年相応というか、そうまでしてラウンドしなくてもよいという、分別がついたのか。

ラウンドのない日曜は、マンション、および自宅の庭仕事があるわけで…… 
ゴルフでも、庭仕事でも日焼け止めを塗ることはない。日焼けで顔が黒汲みえるのは、決してラウンドだけのせいではないことを、声を大にして言いたい。

さて、午後は庭か、マンションか。その思案をするために、庭を歩いた。

玄関前のアジサイは暮れの押し詰まった28日に、モミジを切った際に、一緒に丈を詰めた。剪定の適期はとうに過ぎていたので、花は無理かな、と思ったが。

この通り、花芽が。数年前には剪定し過ぎで、花をつけなかったこともあったのでホッとしています。シトシト雨に見事に映えてくれるでしょう。

さて、この天気。自宅かマンションか、どちらで過ごそうか…… 
まあ、この天気。辛さは変わりないか。決断がつかないなぁ〜〜

2016/06/18(土) 2307 晴れ間
昨日は元会社OB達との月一の秋田カントリー倶楽部でのゴルフコンペ。
13日に梅雨入りしてからというもの、ここ数年は過去にないほどジメジメ、シトシト、まるで東京暮らしで味わったような鬱陶しい日が続いている。

17日は、週間予報などで注目の日。梅雨入り宣言以前の予報では崩れそうな気配はなかったのだが、13日以降は予報も梅雨モードに入って、晴れマークも少なくなったようで……

たまの晴れ予報には「貴重な洗濯日和」などと、ことさら言いようになった。

ラウンド初めはシトシト。傘もいらない位だったのに雨粒が大きくなったり。
上がったと思うと、また傘の出番になったり。面倒くさいこと。

空腹を覚え始めた昼食前の上がり3ホール。
ミドルホールでドライバーショットが完ぺきに当たり残り120ヤード。高く打ち上がったボールは若干右にそれカート道で大ジャンプ。OBゾーンへ消えた。

次のミドル。残り140ヤード。毛嫌いされアリソンバンカーと呼ばれる深いバンカーにつかまった。最終ロングではグリーンを狙ったショートアイアンがシャンク……
自分の技量のせいなのだが、この梅雨空を見上げて呪ったのでした。

後半も終えた。時計は2時45分。雲は切れ、晴れ間が。憎たらしいな、と。

2016/06/17(金) 2306 お湿り
散水パイプを自作中と、玄関前の芝生で穴を開けた塩ビ管に通水テストをしている写真を当欄にアップしたのが2010年の6月21日。
その年は、梅雨入りもせず、お湿り対策をしなきゃいけない状況だったのか……

今年は13日に梅雨入り。北陸、関東、東北と十束一絡げの梅雨入りで、何だコリャと思ったが、それらしい雨模様が続いている。

からっとさわやかな秋田の6月はどこいったのか…… 
現実を認めたくないが、梅雨入りは本当なのかな、などと弱気になっている。

ガキの頃、外遊びが出来ないので屋根から落ちる雨が、透明なまま庭の窪みを流れる様子を飽きもせず眺めていたな、などと。夜中に寝室の屋根を打つ雨音で目を覚まして思い出したりしている。

透明な水のイメージがあっても、梅雨は梅雨。鬱陶しいな、と。
そんな中、稼働中の散水パイプの写真は何ですが……

まだ稼働中です。雨が降っても軒下まで十分に水が行き渡らない。その補完もあって設置した。理論的には降雨中も稼動させることが考えられるのだが……

そこまでしないまでも、一番干からびるのが早い軒下を十分に湿らそうとする意図は読み取れるか、と。ジメジメした天気にふさわしくないが6年目の現況です。

2016/06/16(木) 2305 深剃り
手動で芝刈りをした日曜を「道連れ」で書いた。実はその後、あまりの重労働に耐え切れず、自走式の芝刈り機に登場を願ったのでした。

手動芝刈り機に頼ったのは理由があります。手動、自走の芝刈り機の刃はリール式。この方式だと草丈が伸びすぎると芝は刈り取れません。ある程度刈り払い機で芝の丈を切り詰める必要があるのです。

その日はゴルフのラウンド帰り。くたびれて二段階作業などトンでもない!!

少し伸びあんばいの芝を刈るには、丈の長い芝にも対応できる手動式を用いざるを得ないな、と。でも、何度も何度も引いたり押したり。この重労働たるや。

とうとう自走式の登場。刈り取れなかった部分を剪定ばさみでカットしたりして。

リール式は分かり難いかもしれません。男性の髭剃り用の電気カミソリの仕組みと同じです。捕えた髭を回転する円筒に付いた刃がスパッと切り去るのです。

特に電カミでは深剃りできるタイプがもて囃されるようですが…… 
実は芝刈り機は刈り高が調整でき、深剃りも可能です。

日曜は自走式の刈り高を最長にセットしているのですが、少し伸ばし気味の芝にとっては深剃りだったようで…… 残念!! 一部が茶色に……

2016/06/15(水) 2304 拮抗筋
拮抗筋!? 耳慣れない言葉。固有の筋肉名ではなく、一般名詞ぽいな、と。
運動・動作をした際に主導筋となる筋肉と反対の作用をする筋肉をさす。

きのうの朝のNHK「あさイチ」で肩こり、腰痛が劇的に改善する拮抗筋ストレッチを放送していた。腰痛持ちではないが、太ももの裏っかわの拮抗筋を伸ばすことで柔軟性が増し、骨盤の動きが滑らかになる、ということが大いに気に入った。

立って前屈姿勢になる。右手で右足、左手で左足の足首を掴み徐々に膝を伸ばして、10数える間静止。いったん解除して5回繰り返す。朝、晩に行うと、あらあら不思議〜〜 となるのだそうだ。

早速きのうの朝、晩と実践してみた。もちろん膝はきっちりとは伸びなかったが。

今朝、いつもの筋トレで、太ももの裏側の拮抗筋の存在が分かるような新鮮な感じがした。昨日のストレッチ効果か。拮抗筋というのはこんな長さなのか……
その筋がしっかり伸びることで、横から見た背骨がS字カーブが保たれるそうだ。

いつものストレッチの仕上げは、ショートアイアンでティッシュペーパーのボールを思いっきり打つこと。勢いよく正面の書棚のガラスにぶつかり、足元に戻ってくる。

今朝はアチコチバラけずに、ボールがある程度狭い範囲に収まっている。
拮抗筋ストレッチもメニューに加わりそう。良いこと尽くめのようです。

2016/06/14(火) 2303 道連れ
不意打ちを喰らったというか…… 昨日は数週間前から雨マーク。
週間予報では4〜5日連続の晴れマークの中で、ただ1日、13日の月曜が常に曇りか雨マーク。13日の月曜は雨に運命付けられていたというか……

12日は夏空の下、快適より暑過ぎる方が勝るような、夏を先取りしたゴルフ。
翌日の月曜。それでなくとも気乗りしない仕事に入る日なのに、出勤時には雨。憂鬱に輪をかけたような……

午後、昨日のゴルフでご一緒した方が会社を訪れた。「梅雨入りしましたね」。
耳を疑ったがそうらしい。一連の週間予報では昨日だけが雨が運命付けられていただけで、その日以外の予報は晴れマークだったのに解せない……

不意打ちですね。彼によると北陸と北東北を含む東北一帯が広域で一気に梅雨入りした、とか。あまりに乱暴な……

平年より1日、昨年より13日早い梅雨入りだそうで。梅雨といえばジメジメ、不快感満載と相場が決まっている関東の道連れにされたような……

秋田の6月は晴天に恵まれ、さわやかな季節なんだよ、と声を大にしたいです。

12日のラウンド後、玄関前の芝の手入れをしました。自走式芝刈機の出番はまだ、と思って手押しでやってみた。疲れた体にはキツイ……

2016/06/13(月) 2302 真四角
昨日は6月に入って初のラウンド。13日ぶりでした。
ゴルフのやり方を忘れたんではないか、と思うぐらい、久しぶりの感覚でした。

お相手も女房以外は初めてご一緒する男性と女性。どんなゴルフをするのか。
僕らが足元にも及ばないような上級者であったらどうしよう。いままで聞き及んだ様々な情報を整理して見るが……

ゴルフ自体が何日ぶりかの緊張であり、お相手が名刺代わりの第1打をどんなショットで飾るのか…… 興味津々であり、緊張の瞬間でありました。

蚊取り線香のキャッチで「金鳥(=緊張)の夏」というフレーズがありましたが、昨日は最高気温が30℃。夏空が広がり、まさしく緊張の夏だな、と。

それぞれ勝手に描いたお相手のイメージがあったに違いないが……
みなそれぞれがちょっと違うかな、というところと、えっ上手いじゃん!! というところがあって…… お手合わせをしてみて、結局は同じレベルじゃん!!

お互いがほっとして、楽しくラウンドを終えました。

つばきコースの9番のロングコースのグリーン方向から眺めています。
針葉樹の枝の下から真四角に景色を切り取ってみました。こうすると6月なのに真夏を思わせた景色が涼やかに見えるかな、と思って……

2016/06/12(日) 2301 独壇場
マンション建設現場。向かい側に我が社が仲介しているマンション物件がある。

ヘルメットを被った2人組。男性は何かを覗き込むようにして手を動かしている。後の女性が数字を読み上げている。男性がそれを入力しているようにも見えなくはない…… 一体全体、何をやっているのだ??

少しうかつだった。ブーンとでかい蜂の羽音みたいな騒音を聞き漏らしていた。“聞き漏らしていた”は正確ではない。ブーンの音は耳についていたが、何の注意も払ってなかったのが正解。ふと上空を見上げた。

ドローンを操作しつつ、上空からの何かのデータを収集しているのだ。なるほど、これこそドローンの独壇場だな、と。

ドローンについては様々なところで利用研究が盛んだ。本のデリバリーとか…… 本気なのか、と思うレベル。さらに中国ではドローンタクシーを開発したとかのニュースも。これに至っては正気か、と。

私の独断ですが、少し頭を巡らせれば分かりそうだと思うが…… 今でさえ街中に配送トラックが溢れて駆け回っている。全部が置き換わらないだろうが、その何百分の1しか積載能力のないドローンが街に乱れ飛んだらどんな状況になるか。

私が悲観論者過ぎるのでしょうか…… 鳥の目。こんなとこが関の山でしょう。

2016/06/11(土) 2300 お日様
今は様々な草が生える草原と化した庭。手を加えたところは刈り払い機で草丈をそろえたぐらいで、全く自然に任せている。

太陽がまばゆい土曜日。このように布団どもが日を浴びて気持ち良さそうにしている。照り返しがまぶしいです。

時々、アプローチ練習に使うぐらいですが、こうして伸び伸びと布団を干すことができるのもパター練習用のグリーンを作ろうという、家を建てるに当たっての野望があったから。ただの草原になった今でも後悔はないな、と。

子どもの頃、太陽干しした布団にダイビングして、頬に当たる温かさと、太陽の匂いを嗅ぎ取ったことを思い出します。

今もそうした衝動に駆られるが、太陽の匂いは多分自分の体臭だったのではないかと、覚めた気持ちも一部あるので、遠慮しますが……

そしていい年こいて、別の欲望が……

布団に○印をつけて、それに向けてゴルフボールをぶつけるアプローチ練習をしてみたいものだな、と。さすがに踏みとどまりましたが……

まあ、天日干しで今夜の安眠は約束されたようなもの。朝から楽しみです。

6月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.