ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年7月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/07/26(火) 2345 新境地
先頃のゴルフコンペで、長いパットをものともせず、きっちり30センチほどに寄せ、あるいは沈めるという大変なパットの名手がいた。

何度か同伴して、その凄技は目に焼きついている。秘訣をおそわったことがある。

ワイドスポット型(=写真)からセンターシャフト型(シャフトが真っ直ぐにパター上部に刺さっている)に変えても上手くいかなかったが、センターシャフトで重いタイプに切り変えたら距離、方向性がしっくりきたという。

さあどうする。私は20年来、ワイドスポット型。メーカーは浮気しているがセンターシャフトに変える気はさらさらない。彼のいいとこ取りをすれば重量の点か。

パターの重量を5グラム重くしようと、鉛の板を貼り付けました。重量が重いとインパクト時の衝撃をかわして、安定したストロークができるような、気がして……

パットは静止しているボールにパターで、いかにオーバースピンを掛け、いかに直進性を与えるかが肝になる。そのためにはパターの性能を最大限引き出すスイートスポットに、寸分違わずヒットさせることが不可欠。

実際、スイートスポットにヒットさせることが言うが難しで、実に厄介。10回のうち1回もない場合もあるかと…… そのためだけのレッスン方法も山ほどあるのだ。
彼は言っていた「道具じゃないよ、腕だよ」と。無駄なあがきかもしれないが。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.