ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/08/20(土) 2370 針葉樹
朝のウエザーニュースで、既に秋田は30℃を超したとか。太平洋上には熱帯性低気圧から台風に昇格した1個を含め、3個の台風がうごめいている。

肌に張り付くようなねっとりした暑さは、南から吹き込む風のせいなのか……
波状攻撃の台風の進路が気になる。

隣家との間の東側の庭を見ている。サルスベリのピンクの花が僅かに見える。

日向と日陰のコントラストが強いといっても、8月初旬のまぶしいほどの日向のきらめきはもう無い。空の青さ、雲の具合は秋の気配がする。

手前右のエレガンテシマ。今は屋根の高さを超して針葉樹らしい樹形に育った。

植えてからほぼ20年。植えたときは、1.5メートルほど。多少は切り詰めたが、それも手の届く範囲。こうなっちゃえば、手入れをしようにも…… 

芯になっている幹を切って丈を詰めることは可能なようだが……

奥のコウヤマキとほぼ同時期に植えた。コウヤマキには世話を焼いたが、エレガンテシマはほぼ自然児。そして上の空は秋色に変わりつつある。

その場にいるしかない木は、私らよりも敏感に気配を感じているのか……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.