ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/01/26(木) 2529 渡り鳥
冬型が緩んで、気温も予想最高気温が5℃と、つい先日までに比べたら……
2月下旬並みになるのだとか。

寝室からの朝の眺めは、新雪が日に輝く凛とした雰囲気とは違い、どこかだらっーとしたような。雪も水分を含んでいるもんだから締まりのないくすんでいる。

さて、隣家の葉の落ちた木々に何羽の鳥がいるでしょうか……

「あッ いるいる」ということでカメラを向けたのですが、目を凝らすと画面中央以外にも。1羽は枝に引っかかったビニール袋が、鳥のような膨ら見せているだけ。

この時期、よく屯っている鳥ですが、一体何という鳥なのか……
ブロック塀を回り込む足跡は、多分キジのものだと思う。
まあ、大小合わせた各種の留鳥たちの憩いの場なのでしょう。

渡り鳥、多くは水鳥なのでしょうが、水面が開けた餌場を求めて長旅をする。
留鳥はというと限られたエリアの中で年がら年中生活するわけで……

とほうもない年月をかけ、生を紡ぐために留鳥の道を選んだろうが、今の世は以前より暮らし易いのか。雪に覆われている。何食ってんだろう、気になります。

まあ、私らと同じように春を待ちわびているのでしょうが……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.