ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/01/29(日) 2532 鳴き声
日曜の朝。快晴です。窓を開けると何やら鳥の群れの鳴き声。ケータイを向ける…… 玄関を出て青空を仰ぐ。何やら鳥の群れの鳴き声。ケータイを向ける。

数年前に買った雪庇落としの「雪ズバッ2」を持ち出して長さを調整していると、何やら鳥の群れの鳴き声。ケータイを向ける……

合計3回狙ったが、これという画像は…… きょうは北帰行の特異日か…… 外の音を聞ける状態、即ち窓を開けたり、外にいる僅かな時間でさえ3回も。

外いてひたすら待っていれば、何回もシャッターチャンスに恵まれるかも、とは思うがそれほど酔狂ではない。太陽が出ていても、気温はさほど上がってないし……

「雪ズバッ2」は大雪に備え、小屋から玄関に待機させてたが、出番はなかった。
豪雪地帯の十日町のこんもりとカリフラワーのように覆う屋根雪が目に焼き付けられた今シーズンだったが、これは能書きにあるとおり雪庇落とし。

オーバーハングした屋根雪、それも一旦緩んで凍りつく前に、カステラを良く切れる包丁で切り裁くように、スパスパと切れ目を入れて、落とす、という道具。

上が真っ白でも、屋根の接地面が凍りつき、長くツララが伸びているようなところなぞは歯が立たない。ただツララを落としてお茶を濁す位の物でしかない。
というわけでお茶を濁しています。これと言って何もない快晴の日曜朝です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.