ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年12月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/12/23(土) 2858 神経系
日が差す天皇誕生日の朝です。昨日、「柱時計を父親が恭しく柱から下ろす」ということを、ゼンマイを巻き直す作業の前提のように書いたが、誤りでした。

柱時計がご臨終の際に、弔おうと、柱から下ろした光景のようです。ゼンマイはいちいち時計を下ろさず、踏み台に乗っかってネジを巻けばよかったから。

それはそれとして、現在は冷蔵庫や、つけっぱなしのTV、時には掃除機、自動車騒音など生活騒音がそれなりにあるが、そんな騒音が皆無の時代に、あの柱時計のカチカチ、ボーンの時報の鐘のけたたましかったこと。それも最大12回。

多分、それを知らない子供らに今聞かせたら大音量の鐘の音に、びっくり飛び上がり、耳を塞ぐかと。コツコツ音は神経系を逆なでし、落ち着きをなくさせるかも。
色んな生活騒音の中でも個性と音量が過ぎて、耐え切れないのではないか。

日本人の感性では、受け入れ難い音だったかと。それが文明の音として重宝がられたとは思うが、私らでも夜中や、一人残された時などには十分怖かった。

時報を鳴らさない選択があったのかどうか…… 時報君としては部屋を離れた家人にも時刻を知らせようと、一生懸命鐘を打ち鳴らした結果だと思うが……

ご臨終の後、電池式に替えることに何らためらいはなかった。古い物はダメ、ということでは必ずしもないにしても、大量消費時代へ向かう転機の頃だったか。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.