ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年3月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/08 3790 一歩先
2020/07/07 3789 見切る
2020/07/06 3788 待機中
2020/07/05 3787 置き配
2020/07/04 3786 駄洒落

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/03/27(月) 2589 調理例
とりあえず、腹を満たせばいい…… ということではなく、見た目やトッピングの妙で苦労時代と違うサッポロ一番みそラーメンを目指してみました。

まあ、日曜の昼時。男の料理である。道具立ても必要だな、と。
それには黒ビールとラガービールのハーフ&ハーフも欠かせないな、と。
キッチンドランカーではありません。あくまでも男の料理の雰囲気作りです。

中華料理によく顔を出すチンゲンサイがベストだが、コマツナがあったので……
それとネギの白い部分を別の鍋で湯掻いた。白と緑が印象的な一品にしよう。

チャーシューは乗せるとスープが冷めるので別皿に。箸置きのチーズとビールの当てになるな、との思いも…… 定番の生卵も。あっ海苔を忘れた。

写真を撮らなきゃならないということで、ビールの泡の調整とか、位置関係の微調整とか、どんどん時間が経過。せっかくお湯を入れて温めていたどんぶりだけでなくスープの温度もダダ下がり……

極めつけは手ブレ。早く食べたくて慌てた。数々の不手際があったにしろ、昔の味プラス男の料理を堪能できたか、と。たかがインスタントとは言わせない。

女房は「なんでこんなに!! 」と袋麺の数に呆れていたが……
「キャベツなんか炒めて入れればいいんでしょ」と以心伝心でした。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.