ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/04/16(日) 2609 花盛り
馬酔木。春の季語だそうだ。早春に多数の壺形の花が総状につく、とある。

我が家の馬酔木。新築当初の目論みで、平屋の周り全てを洋芝で覆い、唯一の畳部屋である仏間から障子越しに見える1画を、和風の庭にしつらえた。

一番高い木をカクレミノ、中間の高さにはオンコ、低木として馬酔木(=アシビ)を選んだのだった。

それからちょうど20年。洋芝は、“一面の洋芝”という意味ではほぼ壊滅したが、今でもオールシーズン緑を湛える部分が所々に残る。アシビの下にある緑色は、健気にも永らえて来た洋芝の残党だ。

青空を背景にすれば、白いスズランを思わせる可愛い造形の…… と言っても目を凝らさないとその可愛さは見えてこない。遠目から見れば房状の花があまりにも密生していて、その迫力に気圧されるというか……

つい見落としがちなのですが、個々の花は、非常に可憐です。

我が家の庭の春。爪を切るために庭に下りなきゃ見つけられなかったな、と。

カクレミノ、オンコ、アシビの3点セットの後ろに見えるハウチワカエデ。株立ちのオンコの巨木を枯らしてしまい、植え替えた木だが、これも花盛りでした。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.