ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/04/18(火) 2611 春の嵐
日本海に低気圧が発達して、通勤の足を直撃しそう…… との予報だった。
夜中は確かに大荒れ。強い風に強い雨脚。春の嵐だな、と。

出勤時、それほどでもない。こけおどしじゃないか、と、思う向きもあろうが、ただ単に早めに低気圧が駆け抜けたということなのでしょう。
そんな中で、日差しがあったもんだから、日ごとに緑を濃くするアジサイの若葉を。

昨年は剪定というか、短く切り揃えようと何度か思ったがついに出来なかった。
切っていれば無いはずの名残りの茶色の物体が枝先に残っている。
丸く膨らみを持っているのでかつての紫を誇った花に見える。

若葉はかつての花を下から支えるような感じで生えてきている。冬前に剪定するということはこんな営みを、人為的に活性化することなのだな、と……
再生の手助け、ということか。これであっているのかどうなのか自信がないが。

刑務所前のサクラ並木。新屋に引っ越した当時は、まだ老木が花盛りだった。伐採され、一時、幼木で風情は途絶えたが、今朝見るとそこそこ大きくなった若木が膨らんだつぼみを誇り、風情を取り戻しつつある。

引っ越してから20年。会社員時代、刑務所前は通勤路でなく、全く疎かった。
が、ここ7年間は刑務所ウオッチャーでもある。ただ、単に外からだけですが。
人間の再生の場に、サクラも再生!? 無理やりまとめてみた。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.