ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年5月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/05/18(木) 2641 順繰り
5月に入ると途端に太陽がまぶしい。まぶしさで季節の変わり目を実感が出来るのは光の乏しい長い冬過ごしてきた雪国の私達にとって格別だからか。

真上に太陽があるころは透明な若葉がまぶしいし、帰宅時間では、沈みかけの太陽が、ビルの陰、大樹の陰からチラッと顔を出すと、とんでもなくまぶしい。

そこで浮かぶのが「目に青葉 山ほととぎす、初鰹」。江戸時代の山口素堂の作。庶民が5月頃に最も好んだ物を羅列したもの。馴染みやすく、視覚、聴覚、味覚など五感を巧みに用いて無辺の世界を写している。

ということで有名らしいが、太陽のまぶしさに出会うとついこの句が浮かぶ。

穴門の堀の水質浄化のための噴水に5月の陽光が、背景の緑を従えて非常にまぶしい。こんな状況を見るにつけ「目に青葉…… 」なのだ。

先日のゴルフの同伴者に岡山出身の女性がいた。「今日だけで十数種の花を見た。こんな風に一斉に花が咲き揃うなんて驚き」と大感激していた。岡山あたりでは順繰りに咲くので、たくさんの花を一斉に見ることはないのだそうだ。

遅咲きのヤマザクラ、ツバキ、ツツジ、ハナミズキ、オオデマリ、コデマリ、ナシ、ヒメリンゴ、フジ、まだまだあった。植物に造詣が深くないもんだから、すぐ忘れる。
雪国ならではの百花繚乱。植物にとっても5月の太陽のまぶしさは格別なのか。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.