ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年5月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/05/28(日) 2651 切り株
モミジを切ったのは暮れも押し詰まった2015年12月29日。野放図に広がった枝が腹に据えかねたというか、コントロール不能状態にピリオドを打ちたかった。

即死するもそれで良しとする、気持ちの整理はついていたつもりでいたが……

こんな状況。半端な高さで切り株を残したのは「剪定枝は50センチ以下に切って束ねて1回2束まで」というごみの分け方、出し方を気にしたから。

50センチに切りそろえたにしてもかなり重い。これを束にしたら…… 回収員に申し訳ないな、と思った。それに、あまり下で切ってしまうと、蹴躓きそうで危険。

子どもの背丈サイズに残すと、大慌てでない限り、蹴躓くこともないし、振り返って顔面をぶち当てることもないだろう、と。

中途半端な切り株が役立ったのは、後の小屋の引き戸の修理、塗装の際に立てかけられたこと。さすがにぶつかって痛い思いをしたことはない。

我が家のモニュメントというか、微妙なくねり具合が味があるというか……

さて花篭のように発生した枝。以前の旺盛さとは異次元で、丸まって愛らしい。もしこれが、何メートルも伸びる細くて撓る憎き枝であれば容赦しないのだが。
いつまでも花篭状態であってほしい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.